空想地帯 SM官能小説

官能小説一覧  エロ体験談

官能小説・転落の女王(目次)

前のページ(第四話・屈服)

長編官能小説 第五話・奴隷の刻印

 サラ女王を幽閉してから一日が経った。
 その間にリース公爵は、各地の有力者達へ自分に従うよう記した密書を送った。そして朝方になってから、自ら私兵を引き連れ適当な山賊を討ち取るために出陣していった。
 主の空けた屋敷の中で、アマンダは一人ほくそえみながら地下室への階段を下りていく。
 女王の座に着く日も近いとなれば、自然と笑みが浮かんでくるのも無理からぬところだった。さらには、常に自分よりも上の位置にいた姉を引き釣り下ろし、奴隷の立場にまで貶めることが出来たのだから尚更だ。
 サラ本人がどこまで自覚していたのか定かではないが、あの他人を全て自分よりも劣っているのだと見下す目には、反感も抱く者も少なくない。アマンダもその中の一人だった。
 実際に歴史を動かすほどの器量があるのかも知れない。だがそれ以上に、サラは世界の全てが意のままだとでも思っている節があった。
 二年前の宮廷闘争の結果、妹であるアマンダが狒々爺のリース公爵の許に嫁ぐことが決まってしまった時、サラは妹と共に悲しんではくれたが、しかしその力の全てを持って破談させようとはしなかった。おそらく思い付きもしなかっただろう。
 結局のところ、サラにとって他人とは、境遇を哀れんで同情はできるがそのために何かをする気にはなれないという、その程度の存在でしかないのだ。それは妹ですら例外ではない。
 アマンダは、リース公爵家に嫁いだ時にそれに気付いて以来、いつか姉に思い知らせてやろうと考えていた。サラが奴隷解放政策を打ち出した時、その想いはますます強くなった。
 歴史に名を残すために偽善的な政策を取る姉には寒気が走るのだ。奴隷達に同情しているのは本当だろう。上から見下ろして下々の気持ちを分かった気になることは、とても気持ちの良いことだからだ。
 だがサラは、その同情心から奴隷解放政策を実行する気になったのでは決してないはずだ。政策として王国にとって有意だからこそであり、そうでなければ絶対に動こうとはしなかったに違いない。なぜならば、妹である自分の時には助けようとはしなかったのだから。
 無慈悲で、底なしの野心を満たすことしか考えていない女王サラ。しかし、恐らく本人は、自分がそうだとは思っていないだろう。自分は妹と一緒に悲しむことの出来るほどの妹想いで、しかも奴隷解放を志す人道的な君主だとすら思っているかも知れない。
 アマンダにはそれが許せなかった。今まで、姉の本性を、他でもない姉本人に思い知らせてやる日を夢に見ていたのである。
 念願叶って女王サラを鞭で散々に痛めつける快感ときたら、今までの奴隷とは比較にならないほどだった。
 けれど、まだ足りない。鞭で打って平伏させただけで、まだ姉の本性を曝け出すまでには至っていない。
 姉の口から自分の意思で「他人なんてどうなっても良い」と言わせるまで、アマンダの気は収まらなかった。

 門を通り地下牢に着くと、アマンダの体を熱気が襲った。短いとはいえない階段を下ってきたこともあり、全身からドッと汗が噴き出てくる。
「熱いわね、さすがに……」
 アマンダは熱気の元である火鉢を見ながら、焼きゴテの準備をしている奴隷の世話係に向かって言った。
 これからサラの太腿に奴隷の証を焼印するのである。
「ミリア、準備は出来てるわね?」
「もちろんでございます、アマンダ様」
 世話係のミリアが平伏して答えた。
 彼女は下級とはいえ貴族の生まれであり、本来ならば奴隷の世話などという卑しい仕事をする身分ではなかった。自身の優れた能力に相応しい地位と権力を得ようと、リース公爵に取り入ったまではよかったのだが、その有能さ故にアマンダの嫉妬に晒されて、世話係という全く報われない役職に回されてしまったのだ。不満と怒りは奴隷達に向けて発散するしかない毎日だった。
「昨日入った奴隷への焼印はアマンダ様がおやりになりますか?」
 ミリアがそう尋ねると、アマンダは一瞬考えた後に首を振った。
「いえ、いいわ。焼き鏝なんて持ってる方も熱いし。そういうことは、世話係の貴方がお似合いよ」
「…………畏まりました」
「何? 何か文句でもあるの? 次期女王足るこのわたくしに」
「とんでもございません、アマンダ様」
 ミリアはアマンダに向かって深々と頭を下げた。
 それを見ているアマンダの心中は複雑だ。もはや風前の灯火とはいえ、姉はまだ形式的には未だ女王の座に着いている。にもかかわらず、ミリアは平然と女王のことを「昨日入った奴隷」と言い捨てたのだ。王家への忠誠心が皆無なのは明らかである。
 アマンダにとって、王家の威光が通じない相手ほど、遣りにくく疎ましい存在はない。
 最初は、自分と同じ年でありながら遥かに有能な彼女に嫉妬しての嫌がらせだったが、こうなるとこのまま一生飼い殺しにしておくべきだろう。
「ミリアにはずぅっと奴隷達の面倒を見て貰わなければならないのだから、焼印もミリアが押してあげるのが一番でしょう?」
「……ず、ずっと、ですか?」
 顔を上げたミリアの表情には、さすがに動揺が広がっていた。
「そう。ずぅっと。一生ね。……って、何よ!? その反抗的な目は!?」
 ミリアから隠しようもない殺気にも似た反感が伝わってきて、アマンダは内心で僅かに怯えながら、苛立ち紛れにミリアの頬を平手で叩いた。
「申し訳ありません、アマンダ様」
 目を伏せて謝罪の言葉を述べるミリアに、若干の余裕を取り戻し、アマンダは上下関係を強調するようにミリアを怒鳴りつける。
「お前には世話係がお似合いなのよ! 分かったらさっさと自分の仕事に取り掛かりなさい!」
「畏まりました……」
 ミリアは火鉢に挿して熱してある焼きゴテを持ち上げた。奴隷の意を表す記号に模られた先端部が、高熱で赤く光っており、時折りパチパチと音が鳴った。
 あまりの熱気に、アマンダが二、三歩後ずさる。それでも牢屋全体を包み込む暑さのせいで全身の汗が止まらなかった。
 両手と膝を鉄輪で吊り上げられたまま眠っているサラ女王が、焼きゴテの熱を間近に感じ取って、ようやく目を覚ました。
「ん……。あ、え?」
 状況を理解できずにただ狼狽するサラを尻目に、アマンダがミリアに尋ねる。
「お姉様は……じゃなかった。サラは昨日気絶してからずっと目を覚まさなかったの?」
「はい、アマンダ様。随分と深い眠りに就いていました。おかげで楽に吊り上げることが出来ましたが」
「ふうん。やっぱり鞭打ちが堪えたようね」
 アマンダがサラに視線を移すと、必死になってこちらを見つめてくるサラと目が合った。説明を欲しているだろうサラを見下しながら、ゆっくりと口を開く。
「そんなに怯えなくても大丈夫よ、お姉様……じゃ、ない。サラ。これからちょっと、お前の太腿に奴隷の証を焼印してあげるだけだから、安心しなさい」
 アマンダの言葉に、サラは目を見開いて驚愕した。
 それがアマンダには堪らなかった。我が物顔で王国を支配し大陸を席巻していた女王が、自分の言動に心底から怯えているのだ。見ているだけでも震えるほどの優越感が湧き上がってくる。打算を抜きにしても、もっと追い詰めてやりたいと思わずにはいられない。
「よかったねえ、サラ。これで晴れて正式な奴隷になれるのよ?」
 笑いながら見下ろすアマンダを、サラは呆然と見上げていたが、太ももに触れそうなほど焼き鏝が近づいてくると、あまりの熱さに泣き叫んでアマンダに慈悲を乞い始めた。
「あ、熱っ! 熱い! 熱い! アマンダ様、お許し下さい! 熱いんです! アマンダ様!」
 手足を拘束されていなければ、サラはアマンダの足にすがり付いて助けを求めただろう。そう思わせるほどにサラの取り乱し様は酷かった。ボロボロと涙を流し、顔を歪めて叫び続ける。
「アマンダ様! お許し下さいアマンダ様! あああ、あづいぃ!」
 昨日の鞭打ちで、だいぶ苦痛に対する耐久度が落ちてしまったらしい。それだけ精神的に消耗しているのだろう。
 アマンダはここぞとばかりに追い討ちを掛けることにした。
「ミリア、焼き鏝を少し引いてあげなさい」
「……はい」
 不服そうにミリアが従った。彼女もまた、サラを責め抜きたいと思っているようだった。いつものように冷遇の憂さ晴らしがしたいのだろうが、しかし、職場の不満をこの国の女王にぶつけることが畏れ多いとは思わないのだろうか……。こういう得体の知れないところが、またアマンダの癇に障るのだ。
痴漢ダメ絶対。完全版
次のページ(第六話・奴隷の焼印2)


官能小説・転落の女王(目次)


官能小説一覧  エロ体験談


Copyright(C) 空想地帯 SM官能小説 All Rights Reserved. inserted by FC2 system