空想地帯 SM官能小説

官能小説一覧  エロ体験談

官能小説・転落の女王

 王国内を次々に改革していく若き女王・サラは、貴族達と深刻な利害の対立を起こした結果、リース公爵に幽閉されてしまう。百万の民の頂点に君臨する立場から一転し、奴隷として飼われる身分へ。
 鞭を打たれて泣き叫ぶ屈辱の調教が始まる。
第一話 稀代の名君 2007.04.30
 女王サラの進歩的な政策にリース公爵は反発する。
第二話 裏切り 2007.05.02
 リース公爵の私邸を訪れたサラはそのまま監禁されてしまう。
第三話 鞭の洗礼 2007.05.16
 妹アマンダに鞭打たれてサラは震え上がる。
第四話 屈服 2007.05.20
 サラは鞭の痛みに耐えかねてアマンダに許しを乞う。
第五話 奴隷の焼印 2007.06.22
 焼き鏝にサラは怯えきる。
第六話 奴隷の焼印2 2007.06.22
 サラは焼き鏝を押し付けられてショックの余り失神する。
第七話 新人奴隷 2007.07.16
 慣れない奴隷生活にサラは戸惑う。
第八話 新人奴隷2 2007.07.16
 同類であるはずの奴隷仲間も、サラを容赦なく虐める。
第九話 夜の性奉仕 2007.09.08
 サラはリース公爵に呼び出される。
第十話 夜の性奉仕2 2007.09.08
 リース公爵の手によりサラはアナルレイプされる。
第十一話 性奴隷サラ 2007.11.02
 サラは、犯される毎日を送る。
第十二話 性奴隷サラ2 2007.11.02
 強姦の後始末としてサラは公爵のペニスをしゃぶらされる。
第十三話 国民集会 2007.12.09
 馬車の中でサラは公爵にアナル奉仕をする。
第十四話 国民集会2 2007.12.09
 数万人の観衆の前でサラは放尿をさせられる。
第十五話 転落の貴族令嬢 2008.04.26
 伯爵令嬢ミルフィーユは娼婦になる。
第十六話 令嬢娼婦 2008.11.14
 かつての使用人にミルフィーユの身体が穢される。
第十七話 女王の最期 2009.12.26
 クーデターにより囚われたアマンダは、これまでの行いを後悔する。

 官能小説「転落の女王」は史実に基づいた話ではありませんが、悲惨な末路を辿った支配者の例は歴史上にいくらでもあります。

 歴史の教科書に一行だけ書かれているような国家の興亡の裏でも、無数の涙が流れていることでしょう。

本格調教のSM小説ページ

女捜査官、SMクラブ潜入(監禁調教)

援交相手はSMマニア(強制調教)

監禁された少女たち(令嬢拉致)

借金人妻ナンパ調教(ハメ撮り)

性奴隷狩り(恥辱検査)

調教されるお嬢様(鞭打ち)


SM小説(調教小説)一覧


Copyright(C) 空想地帯 SM官能小説 All Rights Reserved. inserted by FC2 system