暴君(ビンタフェチ教師)

女子高生レイプ小説
厳選無料エロ漫画
学校であったエッチな羞恥体験談
 私の通う中学校は、全国でも何番目かに偏差値の高い進学校なんですが、公然と体罰が行われている地獄のような所です。暴力を振るう教師は何人もいるのですが、特に女子の体育を受け持っている黒川先生は、突出して生徒に恐れられています。
 四十代の男性教師である黒川先生は、女子生徒にばかりビンタするので、生徒には影でビンタフェチと言われています。当の黒川先生は「○○テレビの女子アナがこの学校に通っていた頃は、俺がよくビンタして泣かせてやった」とか悪びれずに自慢したりして、完全に開き直っています。
 ビンタしてその生徒に背を向けた後、黒川先生がニヤリと笑っているのを私は目撃したことがあります。黒川先生がビンタを楽しんでやっていることは、私も当然以前から知っていましたが、しかし実際に楽しんでいる様を目の当たりにしてみると、やはりショックでした。

 私の所属している二年一組は、黒川先生が担任で、クラスにビンタされたことがない女子生徒は一人もいません。
 黒川先生のビンタは二種類あります。キレた時に怯えている生徒を力任せに張り倒すビンタと、女子生徒への加虐心を満足させる為に楽しんでするビンタの二種類です。
 キレた時の苛立ち紛れのビンタの時は、連帯責任として、クラスの女子全員を次々にビンタすることが多いのですが、楽しんでビンタする時は、一人の子をじっくりといたぶることが多いです。
 クラスの中でも、容姿や成績に恵まれている女子生徒は、特によくビンタされています。表向きの理由は何でも良いんです。ボーッとしてるとかなんとか、適当に難癖を付ければいいんですから。
 クラスメートでよくビンタされていたのは、クラスで一番可愛い如月さんと、学年主席の東条さんと、親が都銀の頭取でお嬢様の来栖さんです。

 如月さんは、クラス内だけでなく、校内でも一番可愛いと言う人もいるくらい、綺麗な顔をしています。
 やはり可愛い子は、ビンタフェチの心をくすぐるみたいです。
 黒川先生は、眠そうにしているから目を覚ましてやる、と訳の分からないことを言って、如月さんの頬を両手で挟んで、彼女の怯える顔を見ながら両頬を揉み込んだ後に、バチンと手形の跡を付けることが、特にお気に入りのようです。
 大人しい如月さんは、黒川先生が担任になって間もない頃、いつもそれで泣かされていたのですが、何十回もやられている今では、ちょっと涙目になるくらいで我慢できるようになりました。
 それが気に入らなかったのか、あるいは物足りなくなったのか、黒川先生はとんでもない暴挙に出ました。
 水泳の時間に、如月さんが生理で見学をしていると、「生理ぐらいで休むな!」と男子にも聞こえるように大声で怒鳴りつけて、往復ビンタをしたことがあったのです。この時はさすがに如月さんも、声を上げて泣いていました。
 今までは、生理の重い子は医師の診断書を持参すれば、さすがの黒川先生も体育の授業を見学しても良いことにしていたのですが、この日から如月さんだけは見学を認められることがなくなりました。
 如月さんはナプキン派だったのですが、生理中も水泳に参加しなければならなくなったため、止む無く使ったこともないタンポンを使用するようになりました。如月さんはタンポンを使うことには、かなりの抵抗があったようですが、黒川先生に逆らえるはずもなく、選択の余地はありませんでした。
 しかし生理中の如月さんは、出鱈目にハードな黒川先生の体育の授業に全く付いていけず、ビンタされて頬を赤く染め、いつも黒川先生に泣きながら頭を下げて謝っています……。

 学年主席の東条さんは、一年生の頃からずっと学級委員をやっていて、皆に委員長と呼ばれています。
 委員長は、全国模試でも会報に名前が載るほど頭が良くて、将来は医者になって親の病院を継ぐつもりだと聞いたことがあります。
 委員長の家はウチの中学のすぐ近くにあり、その隣に、代々東条家に受け継がれてきた東条クリニックがあります。委員長には、小さいながらも地元の裕福な開業医としての将来が約束されているのです。
 成績優秀で恵まれた環境にいる子にも、黒川先生の食指は反応するみたいです。
 黒川先生は、委員長が体育を唯一の苦手にしていることに付け込んで、委員長にだけ補習処分を言い渡したことがあります。その日、黒川先生は委員長とマンツーマンで散々ビンタしながらシゴキ倒しました。頬を真っ赤に腫れ上がらせて、泣きながら腕立て伏せをする委員長に、クラスの皆が同情しました……。

 都銀の頭取の娘である来栖さんのことは、みんな親しみを込めてお嬢と呼んでいます。お金持ちだからと言ってそれを自慢したりすることはなく、性格も悪くありません。
 けれども黒川先生には、父親が経済界の重鎮というだけで癇に障るのか、お嬢はクラスでも一番ビンタされています。
 黒川先生はお嬢を勝手に体育の係にして、体育の時間中に、アレを用意しろだのコレを片付けろだのと命令するのですが、少しでも遅れたり聞き返したりすると、すぐにビンタです。体育の授業がある日に、お嬢がビンタされないなんてことは、今までで一度もありません……。

 体育祭の練習なんかだと男女合同なんですが、男子は放って置いて、女子だけシゴかれることもザラにあります。
 普段なら、男子の前では絶対にしない四つん這いや大股開きの格好を、よりによってブルマ姿で、しかも座って休憩している男子達の目の前でしなければならず、女子はみんな恥ずかしくて顔を赤らめていました。
 そこで気になって誰かがブルマのズレを指で直したりすると、女子全員が往復ビンタされます。この時ばかりは、可愛い子も頭の良い子もお金持ちの子も関係ありません。女子は全員シゴキ抜かれます。
 五組と六組の女子生徒は、体育の授業を担当しているのは黒川先生ではないので、学年合同の体育祭の練習で、初めて黒川先生のシゴキを受けることになりました。
 いつも澄まし顔をしている子も、大人しい清楚な美少女も、みんな砂だらけになったシャツとブルマを、汗でドロドロにしていました。ほとんど自由時間と変わらないような体育しかしていない彼女達は、軍隊教練のような練習に耐え切れず、半分近くの子が半泣き状態になっていました。泣きベソをかいている子も何人かいます。
 私はその時、彼女達を見て、一学期の最初の体育の授業のことを思い出していました。如月さんも委員長もお嬢も、親にすら殴られたことのない綺麗な顔を、何度も往復ビンタされて、最後にはクラスの女子全員が、泣き腫らした酷い顔になっていた時のことを……。

 黒川先生がよくビンタするのは性癖のためだということは明らかですが、文句を言う生徒は誰もいません。学年が私より一個上で生徒会長だった人が、昔、教育委員会に訴えたことがあったのですが、その生徒会長だった人は、黒川先生に気絶するまでビンタされて、鼓膜を破られたそうです。結局、教育委員会からのお咎めもなしだったらしいです……。
空想地帯 SM官能小説 inserted by FC2 system