下着検査と晒し刑

女子高生レイプ小説
厳選無料エロ漫画
学校であったエッチな羞恥体験談
 どの組織にも、多かれ少なかれ特有のルールがあるものだと思います。中には、外部から見たら異常とも思えるようなものさえあるでしょう。
 今はどうか知りませんが、私が中学校に通っていた時、女子バレー部の部員は、指定のパンツしか履いてはいけない決まりになっていました。ブラジャーは何色でも良かったのですが、パンツだけは、無地の白と決まっていたのです。しかも、生地がおへそまで届くくらい布面積の大きい、女児が履くようなパンツ限定です。
 ただ、下着チェックは2年生が1年生にすることになっているだけだったので、2・3年生は好きなパンツを履いていました。ルール違反ではあるけれど、誰もチェックしないのだから、暗黙の了解としてセーフということになっていたのです。
 一方、1年生に対するパンツ検査は厳しくて、毎日行われていました。
 卒業した後から考えれば馬鹿げた話だと分かるのですが、当時の私たちは、そのルールを絶対のものとして受け入れていました。先輩たちが当たり前のように言うので、新入部員も、そういうものかと思ってしまうのです。最初は納得が行かなくても、そのうち、それが当たり前になってしまいます。

 下着検査は、部活が始まる直前に行われていました。場所は体育館二階の隅です。二階は男子バレー部や男女のバスケ部も使っているのですが、お構いなしでした。これに対して1年生が文句を言うことはできません。
 ブルマ姿で壁際に並んだ1年生たちは、先輩の合図で、一斉にブルマを膝まで下ろします。男子バレー部や男子バスケ部からの視線を感じても、体操服の裾を伸ばして下着を隠すことは、許されません。どれだけ恥ずかしかろうと、膝にブルマを引っ掛けたまま「気を付け」の姿勢で、先輩の下着チェックを受けなければならないのです。
 チェックは目視なので、時間はそんなに掛かりません。せいぜい、ひとりにつき一秒か二秒といったところです。無地の白で、おへそがパンツで隠れているようなら、一発合格です。おへそまで布地で覆われていなくても、まあそこに近いくらいならオーケーです。しかしこの辺は、先輩の裁量次第でした。先輩たちは、ローテーションを組んで下着検査を担当していたので、日によってチェック基準が少し変わったりもしました。
 新入部員は、最初の頃、先輩ごとの加減が分からず、女児用ショーツを履いて万全を期すことがほとんどなのですが、ごくたまに基準ぎりぎりのパンツを履いてくる子がいて、それが合格するかどうかを経験則で学んでいき、やがては、先輩の担当ローテから、今日は緩いから少しくらいの違反なら大丈夫、とか、明日は厳しい先輩が担当だから女児用ショーツを履くしかない、とか、色々と考えるようになります。
 担当の先輩が学校を休んでローテーションが崩れた時は大変です。緩い先輩の日に、厳しい先輩が代わりに担当したりすると、ひとりかふたりは不合格者が出てしまいます。

 私が中学1年生だった時も、そういうことがありました。
「パンツが小さい! なに色気付いてんの!?」
 と怒鳴り付けられた不合格者は、先輩に往復ビンタをされました。  それだけならまだいいのですが、さらに先輩は、「そんなにパンツを見せびらかしたいのなら、そのまま立ってていいよ!」と言いました。「いいよ!」なんて言い方をしていても、実際は命令でしかありません。
 不合格だった子は、その日の部活が終わるまで、ブルマを膝に下ろしたまま、パンツ丸出しの状態で直立していました。男子バレー部や男子バスケ部は、いつも通りに練習をしていましたが、ほぼ全員が、ちらちらと彼女に視線を送っていました。
 パンツ姿で晒し者にされたその子は、途中から泣き出してしまい、嗚咽を漏らしながら、しきりに涙を拭っていました。

 2年生になり、新入部員が入ってくると、今度は私もチェックをする側になりました。
 私たち2年生は、自分たちがやられたのと同じように、1年生を壁際に並ばせ、抜き打ちで下着検査をしました。
 恥ずかしくて脱げない子には、容赦なくビンタを食らわせます。
 1年生全員にブルマを下げさせると、白のパンツだけでなく、青とか黄とか、様々な色のパンツがずらりと並びました。事前に注意喚起をしていないので、当然の結果です。
 色付きなんて生意気だ、とかなんとか、適当な言い掛かりを付けて、全員に往復ビンタを浴びせます。白いパンツを履いてる子は半分くらいいましたが、布地が小さかったり、少し模様が入っていたりして、合格基準に達している子はひとりもいませんでした。
 私たち2年生は、検査される側からする側になった喜びもあり、いい気になって説教を垂れていました。
 しかし、です。3年生に意地悪な先輩がいて、突然、暗黙の了解を破って、私たち2年生を検査すると言い出しました。
 私たちは焦りました。だって、もう誰にもチェックされることはないだろうと思い、解放感も手伝って、みんな思い思いのパンツを履いていたのです。
 けれど先輩には逆らえません。私たちは、1年生の横に並んで、ブルマを膝に下げました。カラフルなパンツが露わになり、3年生に怒鳴り付けられた私たちは、往復ビンタを受けることになってしまいました。
 そしてその日は、1年生と一緒になって、横一列に整列したまま、ブルマを膝に止めてパンツを晒して立っていました。

 それにしても、と私は思います。いかに女子中学生同士のこととはいえ、下着姿で晒し者にするだなんて、とんでもないことがまかり通っていたものです。
 上級生になった途端に嬉々として加害者側に回ろうとした私が言うのもなんですけれど。
空想地帯 SM官能小説 inserted by FC2 system