中学生女子一斉下着検査

女子高生レイプ小説
厳選無料エロ漫画
学校であったエッチな羞恥体験談
 親に言われるまま中学受験をして、ミッション系の女子校に通うことになったのですが、すごく規律が厳しくて、正直なところ、後悔しています。
 まあ、とはいえ、小学六年生だった当時の私が、親の方針に逆らって公立の共学に進むことなんて、不可能だったと思いますが。

 中学校で特に嫌なのは、下着検査です。
 集団で並べられて、自分の手でスカートを捲り上げ、パンツを見えるようにして検査の順番が来るのを待っていると、なんだか家畜にでもなったかのような気分です。
ManguSta恥辱風紀委員会1
 当然ながら下着検査には合格と不合格があるわけですが、その基準は厳格です。
 色は白のみ。薄い水色でもアウト。部分的にカラーが入っていてもアウト。何が何でもパンツは白のみです。
 飾り気があってもダメです。たとえば、ピンク色の小さなリボンとか。

 それに、検査の受け方にも決まりがあります。
 別に明文化されているわけではないのですが、おへそが見えるようにスカートをしっかり捲り上げないといけないのです。
 恥ずかしがって捲り方が中途半端だったりすると、先生に大声で怒鳴り付けられたりします。

 初めての検査の時、私は合格基準を熟知しておらず、リボン付きのパンツを履いていました。
 前日(入学式の日)には説明があったのですが、なにしろ、下着検査なんてものが行われるなんて思っていなかったので、あんまり気にしていなかったのです。入学初日なので、他に色々気になることもたくさんあったわけですし。
 それで、次の日に、クラスメイト全員が一斉に下着検査を受けた結果、合格したのはわずか8人でした。不合格者は23人です。
 先生はかなり怒っていました。
 私を含めて不合格になった生徒は、スカートを捲り上げパンツを丸出しにしたまま、先生から強烈なビンタを一発ずつ受けました。
空想地帯 SM官能小説 inserted by FC2 system