暴走族にレイプされた彼女

女子高生レイプ小説
厳選無料エロ漫画
学校であったエッチな羞恥体験談
 昔、付き合っていた彼女を暴走族にレイプされたことがあります。
 事の発端は、まあ、俺の方にあるんですけど。
 彼女を横に乗せて車を走らせていた時に、煽ってきたとかどうとか因縁を付けられたんです。相手はひとりでした。俺はタイマンで負けたことがないし、基本イケイケで通してるんで、この時も引くわけには行きませんでした。彼女も見てるわけですし、こっちから謝るなんて、できるわけがありません。
 それで、お互いに相手の胸ぐらを掴んで罵り合っていたんですが、そのうち、相手の仲間が集まってきて、5対1になってしまいました。
 タイマン最強の俺も、さすがにこの人数差ではどうにもなりません。しかし、こっちも意地があるんで、引くに引けませんでした。
 そのうち相手の仲間が俺を後ろから小突き出したんで、俺は仕方なく応戦しました。俺を小突いた奴に全力で殴り掛かったんです。結果は、あっという間に出ました。俺は、2人をノックアウトしたものの、その後ボコボコにされ、財布を抜かれ、道路に転がされました。
 そして奴らは、車の中で見ていた俺の彼女に目を向けました。

 彼女は必死に助けを求めていました。地面に倒れ伏している俺に向かって。
 いい加減にしろよ、と俺は思いましたね。こっちはボコボコにされてどうにもならないってのに、何をしろと言うのか。動けないのは見れば分かるだろう、と。俺の身体を心配する気持ちは微塵もないのかよ、と。そう言ってやりたい気分でした。言いませんでしたけど。
 でも後になってから、連れに言ったことはあります。その連れは、笑いながらこう言いました。
「お前も彼女の心配してねえじゃん」
 その通りかもしれません。結局、俺も彼女も、自分のことしか考えてなかったってことでしょうかね。
 で、車から彼女が引きずり出されていくのを、俺は、地面に寝転がったまま見守っていました。ボコられて身体中が痛かったんで、何もする気が起きませんでした。助けたくても助けられる状況ではありませんので、誰も俺を責めることはできないでしょう。
 彼女とはまだセックスをしていなかったので、こんなことになるんなら、もっと早く手を出しておけば良かった、とか思ったりしているうちに、暴走族は彼女を連れ去ってしまいました。

 次の日、奴らから解放された彼女は、俺の家にやってきて、涙ながらに語ってくれました。
 連れ去られた直後に、ラブホテルでさっそく輪姦されたらしいです。
 ベッドに押し倒された時、激しく抵抗して、男の腕を爪で引っ掻いたようですが、その男は激高して彼女の顔をグーで殴ったみたいです。実際、彼女の顔は、右頬が少し腫れ上がっていました。
 殴られて、抵抗する気を無くした彼女は、服を脱がされても震えるばかりだったとか。処女だったので、挿入された時は、痛みでまた抵抗しそうになったけれど、男に脅されると、途端にまた大人しくなってしまった、らしいです。
 彼女がバージンだったかどうか、本当のところは分かりませんが。処女だった確率はかなり高いと思いますけれど、結局は自己申告ですから、百パーセントではありません。  まあ、そう思いたいだけなのかもしれません。逃がした魚が大きいと、損した気分になりますからね。
 彼女とは、レイプが切っ掛けで別れることになりました。こっちだって怪我をさせられて大変だったというのに、輪姦された辛さを一方的に訴えられても、慰めてやる気にはなれません。それでも、一応、言葉の上ではそれなりに気を遣っていたつもりでしたが、本音が態度に出ていたのか、彼女は不満を爆発させ、結局、喧嘩別れになりました。
 レイプされているうちに、男の人数がどんどん増えてきて、一晩中輪姦されていたらしくて、そのこと自体には同情しますが、俺も、あちこち打撲した痛みに一晩中苦しんでいたわけです。言ってみれば、お互い様です。なのに、彼女の方は、自分のことばかり。なんか、暴走族に絡まれたのが俺のせい、みたいなことも言われたりしました。俺はもう、正直、別れるのもそれはそれで有りかな、と思いました。納得の別離というやつです。

 後になってから間接的に聞いた話だと、彼女(と言うか元彼女)は、あれから何度も病院に通う羽目になったらしいです。アナルに入れられて、肛門裂傷を負った挙げ句、性病を貰ってしまったんだとか。
 処女レイプでアナルまで犯されしかも性病感染とは、なんとも悲惨ですね。まあ、別れて以降は一度も顔を見ていませんし、今となっては俺には関係のないことですが。
 噂では、妊娠までさせられていたということですけれど、小耳に挟んだだけなので、ひょっとしたら間違いかもしれません。どっちにしろ、これもまた俺には関係ないことです。
 しかし、もし本当に孕んでいたのだとしたら、俺が彼女に手を出していなかったのは、結果的に正解だったと言えるでしょう。仮に彼女とセックス済みだとしたら、輪姦で出来た子でも、彼女は俺の子だと言い張っていた可能性があります。想像するだけでも鬱陶しい話です。すっぱりと縁が切れて清々します。

 まあ、数年後に彼女は地方公務員と結婚して、上手いことやっているようですけれど。高給安定の地方公務員様をゲットするなんて、相変わらず要領の良い女です。
 俺はと言うと、転職を繰り返して、現在は、小さな土建屋で働いています。そこでも上司とそりが合わないので、もうすぐ辞めることになる思いますが。
 今頃、彼女の方も、俺とすっぱり別れることができて、清々しているのかもしれませんね……。
空想地帯 SM官能小説 inserted by FC2 system